私はレーシックを経験者です。

私はレーシックを経験者です。

レーシック手術の流れ

レーシック手術を選択し、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放される人が増えています。視力そのものを矯正するので裸眼で生活することが可能になります。9割以上の人が1.0まで視力が回復しているそうです。

具体的な方法として、まず角膜の表面を薄くめくり、その内部にレーザーを照射することで削っていきます。眼では外部から入った光が眼球内部で曲げられ、奥にある網膜の上にきれいに集まることで像が見えています。集まる位置と網膜の位置がしっかり合っていれば問題ないのですが、これがずれるとぼやけて見えてしまいます。この状態が近視や遠視です。角膜がレーザーで削られることで、光の曲げ方を補正し、収束位置と網膜位置が重なるように補正していくわけです。レーザーを照射し終わったら、薄くめくった角膜表面をもとに戻して終了です。手術自体は非常に短時間でおわります。

手術終了後は横になって身体をしばらく休めての経過観察が必要です。また視力矯正後も、安定するまでに最大で一ヶ月程度かかることから、手術翌日や一ヶ月後などにも定期的に経過を見ます。このように、レーシック手術は術後の経過観察も不可欠なことから、手術の実績や技術が高いことはもちろん、術後のフォローもしっかりと対応してくれるところを選択することが大切です。
Copyright (C)2019私はレーシックを経験者です。.All rights reserved.