私はレーシックを経験者です。

私はレーシックを経験者です。

レーシックを受ける時は信頼できる医師探しから始めましょう。

目の屈折が正視よりずれる事による起こる近視。矯正するためには眼鏡やコンタクトレンズが用いられますが、人によっては合わない事もあります。異物感や感想に悩まされたり、乾燥して目薬が手放せなかったりする人は意外に多いのではないでしょうか。またスポーツをする人にとっては邪魔にならず、外れる心配のない矯正法を望んでいる人もあるでしょう。レーシックは裸眼で物を見ることが難しい人の角膜をエキシマレーザーという光線で削り、屈折異常を矯正する治療法です。

もちろん眼鏡やコンタクトが合わない人もあるように、誰しもが満足のいく結果を得ることはありませんが上手くいけば快適な生活を手に入れる事が可能です。そのためにはコマーシャルや有名人のコメントを鵜呑みにするのではなく、信頼できる眼科医を見つけることが大切です。合併症や今後起こり得るであろうリスクについて丁寧に説明してくれるところを見つけましょう。術後の経過観察は最低6ヶ月、本当はもっとしていく事が望ましいとされます。長い間お世話になるのですから価格が安いからと安易に飛びつくのは危険です。

自分にとってレーシックが本当に必要かどうかを一緒に考えてくれるような眼科医を見つけてください。
Copyright (C)2019私はレーシックを経験者です。.All rights reserved.