私はレーシックを経験者です。

私はレーシックを経験者です。

レーシックでメガネからの卒業

レーシックという言葉は、十数年前から耳にしていました。目の水晶体の部分を削って、メガネやコンタクトレンズなしでもはっきりと見えるようにする手術だったように思います。身近な知人の中にも、その手術を受けたという人が数名いました。まだその頃は、日本では施術が始まって間もないころだったように記憶しています。

そのため、目のレンズを削ってしまうという方法にかなり衝撃を受け、大丈夫だろうかと心配したこともありますが、本人はよく見えるようになったと大変喜んでいました。十年近くたった今でも、特に問題ないようなので、ホッと敷いている所です。その当時はまだまだ施術費用も高額で、数十万円はかかっていたように思います。ところが最近ではかなり手ごろな金額になっているようで、強度の近視で、日常生活はメガネやコンタクトレンズなしでは身動きできないような人には大変便利なものかもしれません。

年齢を重ねて、老眼が進んで来たりして、目の度数が変わってきた時にどうなるのかなとも思いますが、毎日の生活の快適さを求めてこのような方法を選ぶ人もまだまだたくさんいるだろうと思います。

オススメのサイト

Copyright (C)2019私はレーシックを経験者です。.All rights reserved.